私の好きな声優について

私が最初に好きになった声優さんは日高のり子さんでした。
私がまだ中学生だった頃に赤ずきんチャチャというアニメがやっていてそれに出てくるキャラでしいねちゃんというキャラがいるのですが
その役をやっていたのが日高のり子さんでした。

日高のり子さんというと有名なのはタッチの浅倉南が有名ですが私はやはり日高さんは少年声のイメージが強くて好きでした。
その中でも特に私が良いと思ったキャラがるろうに剣心の瀬田宗次郎が好きでした。

それまで日高のり子さんというと10代前半くらいの少年声をやる事が多かったのですがこの時は少年役ではなく青年役をやっていたので
かなり新鮮に感じました。ただ、最初は少年ボイスのイメージが強かったので青年ボイスで大丈夫かと思いましたが私の心配は杞憂に終わりました。

それはどうしてかというといざ本放送で日高さんの瀬田宗次郎を見たら私が思っていた以上にちゃんと演技をされていたからでした。
それを見て私は日高のり子という人の演技の幅の広さに驚きました。

ですが、それから数年して私はさらに日高のり子という声優がすごいと感じる事がありました。
それは一体何かというとサクラ大戦3というゲームを購入してプレイした時の話ですがその時に日高のり子さんが
ヒロインのエリカ=フォンティ―ヌという可愛らしい女性のキャラを演じていたのですがこの時に私は日高さんは
もう声優デビューしてかなり経つベテランであるにもかかわらずそういう可愛らしい女性の声を演じる事ができるのがすごいと
改めて好きになりました。

大抵いくらプロの声優と言ってもある程度年齢を重ねると誰でも若い人物の役をやるのが辛くなってきます。
確かに声は比較的老いないと言われていますがどうしても加齢と共に若い時に出ていた声が出なくなる声優さんは多いです。

ですが、日高のり子さんはかなりのベテランであるにもかかわらずまだそういう少女役をやっても違和感なく
演じられていたのでさらに好きになりました。